drink menu


サロンでお出ししている
ドリンクのご紹介です♡

美容に高い効果が期待!

山査子(サンザシ)は、ポリフェノールを始め、様々な栄養素が含まれており、健康にも美容にも効果の高い果実と言われています!

■美味しい!

甘酸っぱく、アセロラのような味わいです。スタンダードな水割りから、お酒やヨ ーグルトなど、大人から子どもまで様々な飲み方が楽しめます。

■薬用果実!

中国では古くからその効果が認められ、 幅広く薬用果実として使用されてきました。美容効果の他、血中コレステロール値を抑えて、高脂血症や動脈硬化などの予防効果も期待できます!

びわ茶は、中国で古くから「百薬」の薬として民間療法に使われてきました。
身体に必要なものを排出してくれるデトックス効果があるので、生活習慣病が気になる方、むくみが気になる方、お肌のくすみが気になる方などに特におすすめです!
脂肪の吸収を防ぎ、整腸作用や抗酸化作用があるため、ダイエット茶としても効果的です。

■びわ茶とねじめびわ茶の違い
①ねじめびわ茶で使われる茶葉は、すべてこだわりの農法で育てた鹿児島産の葉のみに限定されています。
②天日に干した後、「トルマリン焙煎」という方法で焙煎し、ビワの薬効を最大限に引き出し、うま味も凝縮されています。

■こんな方におすすめ!
*食生活が不規則な方
*お酒好きな方
*脂っこい食事が好きな方
*メタボで悩んでいる方・ダイエット中の方
*ノンカフェインの身体に優しい健康茶を探している方
赤ちゃん、妊婦さんからご年配の方まで。
みんなが楽しめるルイボスティー♪



「ノンカフェイン」「低タンニン」の2大特徴に加え、「JAS有機認定」を受けた
ガスコのルイボスティーは、どなたでも安心しておいしくお飲みいただけます。

カフェイン制限のある妊婦さんや乳中のお母さん、赤ちゃんの初めてのお茶
(My First Tea)や就寝前のリラックスティーとしても安心してお召上がりいただけます。

【カラダに嬉しい理由】


○ JAS有機認定、無添加・無調整、ノンカフェイン
   妊婦の方、赤ちゃんからご年配の方や就寝前のお茶として。
○低タンニン(緑茶 23g ルイボス 0.3g/100gあたり)
   苦味や渋みがなく、 体内への鉄分吸収を妨げません。
○フラボノイド含有による抗酸化作用
   肝機能、コレステロール値の安定効果が期待されています。
○抗炎症作用
   ルイボスに含まれるケルセチンという成分には抗炎症作用があり、
   花粉症などへの効果が期待されています。
   (飲用だけでなく、入浴剤としても使われています)
○抗けいれん作用
   胃痛を和らげ、消化不良改善への効果が期待されています。
○皮膚トラブルの解消
   敏感肌の弱い方や美肌志向の方、冬期の乾燥肌対策にも。
○リラックス効果
   頭痛・イライラ・不眠防止などの効果が期待されています。
○整腸作用
   腸内環境を整え、便秘解消への効果が期待されています。

「飲むサラダ」と呼ばれているほど栄養素が豊富。

西洋のコーヒー、東洋の茶(紅茶、緑茶など)と並んで、世界の三大ティーのひとつに数えられる南米のマテ茶。

古くはインカ帝国時代から飲まれているお茶で、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイなどの南米では、家庭で日常的に飲まれる嗜好飲料です。

栄養素が豊富に含まれており、ビタミンやミネラル、食物繊維、特に鉄分やカルシウムの含有率が高く、通称「飲むサラダ」や、「ミラクルティー」などとも呼ばれています。

  • カモミールは「神経を鎮めてリラックス効果をあたえる薬草」と呼ばれ、頭痛や偏頭痛の症状の緩和や安眠に効果があるといわれています。リラックスタイムやおやすみ前に温かいカモミールティーを飲むと、ゆったりとした気分で寝つきもよくなり、その日の疲れが取れやすくなりますよ。

  • 体を温めて女子の辛い時期を助けてくれます♪

  • カモミールティーには体を芯から温める作用があります。血行が良くなり貧血や冷え性の症状が改善され、生理痛やPMSなどを和らげてくれますよ。
    また、平滑筋という筋肉を落ち着かせて、腰痛・腹痛・胃けいれんなども和らげる効能があります。

  • 「抗炎症」&「抗酸化」のW作用

  • カモミールに含まれるアズレンは消化器系の炎症を抑える効果が強く、胃腸の調子を整えてくれて、歯肉炎や口臭予防にも効果的です。

    皮膚炎にも良いとされ、ニキビや肌荒れも改善してくれます。


    ※ 妊娠中の方は、子宮を収縮する作用がある為、お出ししていません。

    • カモミールはブタクサと同じキク科ですので、ブタクサやヨモギなどによる花粉症の症状がある人は、カモミールティーでアレルギーが発症することもあるようです。花粉症の重い症状がある人は、念のためご注意ください。